kintoneが好きすぎて実務経験ゼロなのに認定アソシエイト試験を受けてみました

先に結果から言っちゃいますが、kintoneの実務経験が全くなくても合格できました!

ただ、使ったことがないと全くわからない問題もあったので1回目は不合格…。
でも2回目では勉強方法を変えて無事合格できました。

この記事では、kintone歴ゼロの私が試験勉強で気をつけたポイントなどをお話しします。

まずkintoneって何?という方は公式ページをご覧ください。

目次

kintone認定アソシエイトとは?

kintoneの基礎知識やkintoneを使った業務改善スキルを証明する認定資格が「アソシエイト(基礎スキル)」です。

さらに上位の「アプリデザインスペシャリスト(ビジネススキル)」「カスタマイズスペシャリスト(開発スキル)」とありますが、いずれにしてもまずは「アソシエイト」からの受験となります。

kintone認定アソシエイト試験について

kintone経験者でも難しい!?

アソシエイトは基礎スキルについて体系的に出題されます。

kintone認定アソシエイト出題範囲
  • アプリ
    アプリの作成、レコードの操作、JavaScriptカスタマイズを除くアプリの設定、コメント・履歴などアプリの各種機能
  • スペース
    スペース・ゲストスペースの作成と設定、各種機能
  • 管理者設定
    cybozu.com共通管理、kintoneシステム管理
  • その他
    kintoneの各種機能と概要、kintoneの契約内容(スタンダード/ライト各コースの内容)、モバイル利用
  • 応用問題
    kintoneの活用方法、ケーススタディ

Twitterなどで受験者の反応を見てみると、実務経験がある人でも使ったことがない操作や機能の問題は難しかったようです。

そう考えると実務経験がない私の受験はかなりのチェレンジでだった気がします。

受験料はわりと高い

kintoneアソシエイト認定試験の受験料は15,000円(税別)なので個人で受験するにはかなりの出費です。

私の場合はkintoneの存在を知ったタイミングで無料で受験できるキャンペーンがあったのでかなりラッキーでした。

試験の日時や会場は自分で決めることができる

kintone認定試験は全国各地にあるテストセンターで受験します。(オンラインでの受験も可!)

受験の日時を自分のタイミングで予約できるので、「今から勉強して1ヶ月後に受験しよう!」とか勉強のスケジュールも組みやすいのが良かったです。

認定試験については試験を運用している「ピアソンVUE」のページでご確認ください。
kintone :: ピアソンVUE

【試験1回目】勉強方法&結果

1回目の勉強方法

試験勉強は「kintone認定 アソシエイト 試験対策テキスト」を中心に行いました。

というか、試験範囲を完全にカバーした問題集はこれしかないので問題集についてはこれは一択です。

  • 問題集一通りを4周くらい
  • 問題集で間違いが多かった問題に関連する公式ヘルプを確認

フルタイムの仕事なので帰宅後寝る前に1〜2時間程学習しました。期間は約1ヶ月です。

著:サイボウズ株式会社
¥3,960 (2022/12/04 22:37時点 | Amazon調べ)

1回目の結果

不合格でした…。「スペース」と「管理者設定」がさっぱりダメでした。

でも「アプリ」「応用」が全部できていたので「コレはいける!」と確信して、2週間後に2回目を受験することにしました。鉄は熱いうちに打てです!。

1回目はキャンペーンで無料受験できましたが次は受験料15,000円が必要です。でも次で合格できる自信が(なぜか)あったので、15,000円くらい安いもんです。

【試験2回目】勉強方法&結果

2回目の勉強方法

1回の不合格で試験勉強のまずかった点がわかったので、今回は勉強内容を変えてみました。

学習時間は1回目と変わらず寝る前に1〜2時間くらいでした。

  • 問題集を1周と苦手範囲の問題を見直し
  • 理解度の低い所はkintoneで実際に同じ操作をしてみる
  • 公式にある資料をチェックする(時間をおいて何回か見ておく)
  • ヘルプを読み込む(知らなかったor学習していなかった情報も出てくるので一応頭に入れておく)
  • よく寝る(記憶の定着には睡眠が大事らしいので)

公式資料も忘れずチェック

テキストだけではちょっと心細いので公式にある資料もオススメです。とくに実務経験がないと実際の操作や流れが想像しにくかったのですが「便利に使おうガイドブック」でなんとなく使い方が理解できました。

kintone認定 アソシエイト試験対策動画【全50回】

アソシエイト試験対策テキストに沿った解説動画もわかりやすいので見ておきましょう。

ヘルプページは絶対見てください

確か1回目の試験不合格後にヘルプページを確認したらヘルプにしかない情報の問題があった気がします(多分)。それくらい試験に重要な情報が多いのがヘルプページです。

ヘルプページは「ユーザーヘルプ」「管理者ヘルプcybozu.comヘルプ」があります。試験には「cybozu.com関連」も出題されるので忘れずに見ておいてください。

ヘルプページはなかなかの情報量なので読むのは大変ですが、絶対に見ておいたほうがいいです。

アソシエイト試験問題の改定がないかチェックしておく

kintoneの最新バージョンの機能やアップデート内容が試験の範囲外のこともあるので要注意です。

試験範囲がいつの時点のkintoneに対応しているかは試験概要で確認できます。

kintone認定 アソシエイト

kintoneアップデート情報

2回目の結果

合格しました!

よかったです。自腹の15,000円が報われました。

kintone認定資格を取得するメリット

  1. 標準的な使い方で困ることがない
  2. 仕事の幅が広がった
  3. 認定マークを名刺に表示できる
  4. kintoneがますます好きになった

試験を受けたのが2020年なので約1年使ってきましたが、資格取得して良かったと思います。

特に名刺に認定マークを表示できるのはメリット大でした。名刺交換の時にkintoneが話題になることも多かったです。

kintone認定アソシエイト関連リンク

まとめ

kintoneに興味がある人、今後使っていく人、受験しようか迷っている人は試験を受けてください!オススメします!

私の場合「kintoneが好き(になる予感)」という受験理由だったのですが(なめてる)、結果的に受験勉強はめちゃくちゃ役に立ったし、kintoneを好きになる予感は的中してました。とにかく楽しい。kintone大好きです。

  • URLをコピーしました!
目次